代表プロフィール

菅原明子(菅原研究所所長・保健学博士) 1976年、東京大学医学部疫学教室にて博士課程修了。保健学博士。アジア・ヨーロッパ・アフリカ・アメリカなど、世界各国を訪問し、食生態学の調査研究を続けてきた。 1983年、エッソ女性科学者奨励賞受賞。 1984年、「菅原研究所」を設立。人間のための食環境づくり西洋医学、東洋医学の両面から調査研究している。 日本健康医学会評議委員、日本アーユルヴェーダー医学会顧問、農林水産省環境保全型農業推進委員会委員、女性科学者健康会議(WSF)代表で、 毎年薬師寺で女性イベント主催。食育・健康教育の分野、そして空気環境科学の第一人者として研究、執筆、講演活動などに精力的な活動を繰り広げている。 主な著書に「マイナスイオンの秘密(PHP研究所)」「食品成分表(池田書店)」「ウィルスの時代がやってくる(第二海援隊)」 「白米が体をダメにする!(現代書林)」「快適!マイナスイオン生活のすすめ(PHP研究所)」「天然素材住宅で暮そう(成申書房)」など多数。 主なレギュラー番組 ■「菅原明子のエッジトーク」(ラジオ日本):菅原明子が様々な本の著者の方を迎えていろいろなお話をうかがっています。 ■「菅原明子の地球大好き未来便」(BS朝日):美しい地球の未来を守るため、菅原明子が様々な研究や開発を行っている方々からお話を聞く番組です。