西城さんより活動報告です。

菅原様 お世話になっております。 先日は南三陸町の漁港にて活動をして来ました。 今回は、わかめの養殖で使用される用具、サンドバッグ制作のお手伝いをしました。 南三陸町のわかめは、町の特産品であり、漁業の主要な財源です。 津波により、養殖のイカダや棚、用具が壊滅的な被害を受けました。 漁師さんから漁業が再開するまでの気の遠くなるようなお話を聞かされました。 まだまだ多くの支援が必要なことを実感しました。 今回は企業団体約30名の方も参加していただき、サンドバッグも約500個ほど制作できました。 今回の活動の際に、三陸沖を震源とするM7.3の地震があり、津波警報が発令されました。 地震から約3分で津波警報が発令され、迅速な避難対応がとられましたが、携帯電話での通信手段はあいかわらず使用できませんでした。 南三陸町では、津波を観測する潮位計が復旧しておらず、今回の地震での津波は観測不可能となりました。 そういったところにも、復興の遅れが感じられます。 以上、今後とも、宜しくお願い致します。 西城