石巻市在住:斉藤郁子さん

※このインタビューは2011年11月7日に収録しました。 菅原:今回電話をつなぐのは、斉藤郁子さんです。こんばんは、斉藤さん。 斉藤:こんばんは。お世話さまでございます。 菅原:斉藤さんからは、初めてていねいなお手紙をちょうだいしまして、それで、本当にまだお顔を拝見していないんですけれども、仲良くさせていただいてありがとうございます。 斉藤:いいえ、よろしくお願いいたします。 (さらに…)

南三陸町災害FMスタッフ:内ヶ崎さん

※このインタビューは2011年11月7日に収録しました。 菅原:現状を今夜もお伝えしたいと思います。今回、電話をつなぐのは、南三陸町の災害FMラジオで活躍していらっしゃいます内ヶ崎さんにつなげたいと思います。内ヶ崎さん、こんばんは。 内ヶ崎:こんばんは。 菅原:よろしくお願いします。 内ヶ崎:よろしくお願いします。 (さらに…)

南三陸町歌津漁協婦人部部長:三浦弘子さん

※このインタビューは2011年11月7日に収録しました。 菅原:後半は、被災地の現状を今夜もお伝えしたいと思います。今回電話をつなぐのは、南三陸町歌津漁協婦人部部長の三浦弘子さんです。こんばんは、三浦さん。 三浦:どうも、こんばんは。 菅原:西条さんのお知り合いで、西条さんから紹介されたのと同時に、アロマキャンドルもいただいております。とってもかわいいですね。 三浦:ありがとうございます。 (さらに…)

牡鹿半島在住:菅さん

※このインタビューは2011年10月8日に収録しました。 菅原:今回、電話をつなぐのは、9月になりましてから宮城県のあちこちを視察に3日間、行ってきました。そのときに、今まで被災地に行ったことのなかった私の息子で、B-DASHのGONGONという名前でパンク、いわゆるロックをやってるバンドの息子がおりまして、そのときに、B-DASHの熱烈なファンが牡鹿半島に居るんだよっていうことをGoing TOUHOKUの現地スタッフの人から聞いていまして、そんな人、居るの? と思いましたが、それが菅さんでした。そして、きょうはその菅さんと電話がつながっています。こんばんは、菅さん。 菅:こんばんは。どうも。 菅原:先日はいろいろとありがとうございました。 菅:いえいえ、大変、お世話になりまして、本当にありがとうございます。 菅原:いいえ。その後、息子のブログをお読みになりました? 菅:はい。毎日、読むようになりました。 菅原:菅さんのことはすごいハンサムな、イケメンって書いてありましたよね。 菅:そうですね。ちょっと、いいのかなと思ったんですけどね。 (さらに…)

石巻市在住:Wさん

※このインタビューは2011年10月8日に収録しました。 菅原:今回、電話をつなぐのは石巻にお住まいのWさんです。こんばんは。 W:こんばんは。 菅原:Wさんはお年はお幾つでしたっけ。 W:私は41歳です。 菅原:お写真を見て、最初に支援物質をGoing TOUHOKUの方に申し込まれたときに、お写真を後から見せていただいたら、ワンちゃんとすごい若々しい人が写っていまして、イメージと全然、違って、かわいらしい、きれいな人だな、みたいな気がしたんですけども。 W:ありがとうございます。そんなこと、ないです。 (さらに…)